トップ >> プロフィール
プロフィールPROFILE
いぬとかぞくの写真家
白石 よしひろ – Shiraishi Yoshihiro –

1979年7月 かに座
愛犬・ミニチュアピンシャー(ほたる・女の子)
山口県下関出身。
小学生の頃から絵が好きで、中学から高校卒業までの6年間、洋画家・川上氏の指導のもと本格的にデッサン、美的感覚を学ぶ。
高校卒業後はグラフィックデザイナー大場三紀氏に師事し、グラフィックデザインやイラストレーションを学ぶ。
翌年、美術大学に入学。グラフィックデザインを専攻。アルバイトをせず、得意のイラストで手作りのポストカードを制作、路上販売し生計を立てる。
大学卒業後は地元の企業のデザイン部署の立ち上げメンバーとして採用され、5年間、毎晩徹夜でデザイン業務に励み、同時にイベントなどのディレクション業を学ぶ。
その時の商品撮影・イベント撮影でカメラを触り始めたのが写真との出会い。趣味に「写真」が追加される。
26歳で独立。商業用デザイン・イラストレーションをメインとしたデザイン事務所「エスモデザイン」を設立。
CDジャケットやポスター、似顔絵の制作など幅広い分野で「ものづくり」に携わる。
また仕事の傍ら、職業訓練校のデザイン講師として務めた。
その中、地味に趣味で続けていた写真を通じて、ウェディングの写真を撮るようになり、前撮りなどを通じて「人を撮る事」の手段を学ぶ。
やがて愛犬「ほたる」を家族に迎え、日々愛犬写真に没頭。数年後、近所のドッグランでミニ撮影会を開催したのがわんこ写真家としての第一歩。
現在は、エスモデザイン代表+ウェディングで学んだ「ひと・かぞく」の撮影と撮り続けていた「愛犬」の撮影ノウハウを生かした「いぬとかぞくの写真家」として3足のわらじを履き、全国津々浦々、多くの公園を巡って撮影会を実施中。

撮影会スケジュール